スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

ラグナロクオデッセイ体験版配布開始

ゲームのお話。少し難しい。


カプコンが「モンスターハンター」という金字塔を打ち立てて以降、各社はこぞって「狩りゲー」とカテゴライズされるものを制作してきた。
求められる要件は何個かあって、「複数プレイヤーによる協力」「低確率ドロップ」「武器による差別化」「情報交換によるコミュニケーション」といったところ。
 
自分の好きな言葉に、「一番面白いコンテンツは≪人≫」というのがあって、ゲームそのものというよりもそれを通してコミュニケーションできることへの喜びというものが、このジャンルの独自性であり、また魅力でもある。 「ポータブルシリーズ」で大きく隆盛を誇ったPSPについても、その後継機種であるPSVITAへの「狩りゲー」の投入は今や最大関心事。

「3G」と最新ナンバリング「4」が3DSに投入されることが決定した現在、「ポストモンハン」と呼べる作品の登場がVITAには求められている。 その中で2月に発売が予定されているラグナロクオデッセイは、体験版をプレイしてその役割を果たせると感じた。

まず発売の経緯として、有名オンラインゲームであるラグナロクオンラインのガンホーが、グランディアシリーズを手掛けていたゲームアーツ制作で世に出す野心作。あまりラグナロクオンラインとは関連が薄いようで、未経験の人も安心らしいのだ。

ゲーム内容としてはオーソドックス。開始時にジョブ(使用武器)を選択、拠点となる町で装備を整え、課題を与えられたクエストに出発する。体力とスタミナに注意しながらハンティングを行い素材と収入を得る。 以下、体験版をプレイしてオリジナリティがあるなと思った要素について書く。


.献礇鵐 ×ボタンでジャンプが可能だがこれがなかなか爽快だった。
ジャンプをしても特にペナルティはなく、体験版では鳥類以外は陸上モンスターばかりなので、回避行動としても有効に感じた。 Rボタンのダッシュと別に、□ボタンでショートダッシュが可能なのだがこれが空中でも可能。
なので、ジャンプして敵の頭を切りつけ空中コンボを行った後、モンスターに反撃の兆候が見えると、ダッシュで間合いを離し、一撃離脱といったようなこともできる。体験版でもそうだったが、近作は巨大、または空中にいるモンスターが豊富なようなので子の仕様は、醍醐味であるのと同時に様々な戦法に活用できそう。

▲エスト内容モンスターハンターでは一部のクエストを除いて、クエスト開始してからフィールド内をボスモンスターを捜索して、会敵後に撃破するが今作ではいきなりボスモンスターの手前から開始される場合もあるようだ。
フィールドもわかりやすい作りで、マップも通常で表示されるのでテンポよく遊べそう。素材マラソンが必要な場合も効率的にチャレンジできるのではないか。
 

アクションいわゆる「狩りゲー」では強いモンスターを協力して倒すという至上命題の為に、シビアなタイミングと操作が求められる場合が多い。
だがラグナロクオデッセイでは、いわゆる無双的な操作で弱攻撃と強攻撃の組み合わせとジャンプ中の動作でコンボが変化する仕様なので、意図的にわかりやすい仕組みにしているように感じる。

レベルによって上がるパラメータや、敵の部位別にロックオンするシステムもあり、クレリックという回復役が設定されていたり、モンハン以降加速度的に難易度の上がったこのジャンルを、一度遊びやすいところまでレベルデザインしなおそうとしているのかなとも思った。
 



グラフィックやUI周り、ロード時間などを含めても好印象。ただ、アイコンチャットなどプレイヤー同士のコミュニケーションは充実しているのに、終始無表情のアッサリとした登場人物同士のコミュニケーションと演出にはちょっと違和感を感じた。

空中で武器を振れば物理法則を無視して静止できたり、かわいらしい雑魚モンスターやのんびりとしたフィールドの情景は、SFCの聖剣伝説シリーズのような雰囲気も。
 オンラインが充実しているVITA関連のゲームでは、こういった対面式の協力プレイゲームはまだ珍しいので、VITAを手にしていて「狩りゲー」に飢えている人は、体験版からチャレンジしてみてはどうだろうか。 私は3つ目のクエストがいつまでもクリアできないので、今晩また挑戦するつもり。
 




【ゲームってほんとにいいものですね。 のkuro】
kuro | game | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【game】復活

kuroも推薦するQUITERさんが更新を復活されました。

もうQUITERさんが無い日々なんてありえない…。

GAME好きはいっといでー。


http://www.quiter.jp/
kuro | game | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【game】グランツーリスモ4

050109_0318~0001.jpg
届きました。

Web予約限定版。
ポートレートとキーホルダー付きで。

しかし勢い勇んで開けたら中の説明書押さえる爪がおれてました…

内容に関しては大満足。

個人的に気に入ったのはリプレイ中の早送り。

今までは見たいところを見るのにヤキモキしたり、見逃したり…

あとフリーランでデモンストレーションすると解説ナレーションが流れるのもナイス。

全作から1000万持ち越せるのもいいです。

グランツーリスモに関しての情報は最大限収集していたつもりだけど
いざ実際やってみると驚くことがたくさん


最近はフォトモードにはまってます。


【グランドキャニオンにインプレッサを置いてほくそ笑むkuro】

kuro | game | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【game】kuroも大好き 塊魂

注:本日の記事には擬音が多用されていますが
  けっして文字化けではありません。


塊魂。


ついに続編が発表されました。

その名も


「みんな大好き塊魂」


やりたい!


塊魂の醍醐味といえば

最初 チマチマチマチマ

麻雀牌やら消しゴムをプチプチプチプチくっつけてって

ある程度でっかくなったら

バキバキバキーってビール瓶とか蟹とかくっつけて

もっとでっかくなろうものなら

道路沿いに並ぶ植え込みを

キュポンキュポン抜いてって

もっとでっかくなったら

並んでる街頭をグシャグシャーって



とキリがないですが

春にまたあの生活ができると思うと

もうそれはそれは
胸の奥がキュンキュンします。

塊魂をやると町並みをみただけで

くっつけて滅茶苦茶にしたくなる。

そんなカタストロフィな人間になれます。


【ななー♪なななななーなーなーなkuro】




kuro | game | 22:00 | - | - | - | - |

【game】さわっても…いいですか?

041202_0621~01.jpg
さわってみました。

さわりたおしました。


いやいや。

『君のためなら死ねる』

ラヴィ!



予想通りのアホなゲームでしたが

意外なほどのシリアス展開。

クリア時には微妙な感動が。


そう、このバカとシリアスのバランス、

あの傑作『スペースチャンネル5』に
近いものがあります。

さすがにSEGA。


まさにヒマツブシ。

楽しいひとは特に楽しい。

楽しくないひとも割と楽しい。


このヒマツブシに皆さん

000投資してみてください。


【kuroのためなら死ねる人、大募集なkuro】
kuro | game | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【game】ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター

今朝クリアしました。

久々によいゲームをしたな。と思ったので
レビューしてみます。

ジャンルはRPG。
つまり、敵を倒して強くなる。
もしくはお金をためて装備を整え強くなるゲームです。


このゲームはとても珍しいです。
いろんなところが珍しくてどこから書いたものか迷いますが
まず 「SOL〜シナリオ・オーバー・レイ」 をあげたいと思います。


ゲームをクリアした後に、もう一度最初からプレイする人がいます。

私はそうしたことはあまりしませんが、面白いゲームならよくあることです。

このBOFVでは、その繰り返しプレイが前提となっています。

例えばクリアした後にお金と装備、
そしてスキルと呼ばれる特殊能力、覚えた必殺技を持ち越して
最初からプレイできます。

しかし、こうしたシステムは珍しいものではありません。

その中でもこのSOLが異彩を放つのは
これが途中からでもできるということです。

このゲームは敵が一度倒したら復活しないので
ゲーム全体で倒せる敵の数、経験値が絶対的に決まっています。

なので、どうしても途中で経験値とお金の不足に悩まされるように
敵が配分されています。

そんなときにギブアップして途中からSOLをすれば
まだクリアしていなくても、レベル以外の要素と
個人以外にストックできる「パーティ経験値」を持ち越して
最初からプレイできます。

すると、
有効な必殺技や、強力な装備を最初から持っているので
苦労した序盤をスイスイ進めます。

パーティ経験値を使えば戦わずしてレベルも上がります。

そうしてギブアップした地点まで行けば
装備やアイテムに使った金を使わなくていいので
大量の金を所持してその先まで進むことができます。


しかしストーリーが一度プレイしたそのままなので、
展開が読めてつまらない…

ということはこのSOLにはありません。

SOLを行うと、最初のプレイでは発生しなかったイベント、
正確に言うと発生していたけれど見ることのできなかったイベントを
見ることができ、ストーリーがどんどん補完されていきます。

「あの時こいつはこんなことをしていたんだな」
とか
「なるほど、そういうことだったのか」
と思うことができるのです。

事実、最初のプレイでは
敵が冗談のように強くて
ストーリーも、どうにもこうにもわからないことが多く
SOLを繰り返すとどんどん深みが出て行く感覚は
かつて味わったことのないものでした。

初心者お断りなシステムにもかかわらず、
秀逸なシナリオと
秀逸な演出が冴える良質なゲームでした。

【カプコンにこんなRPGが作れるとは思わなかったkuro】

kuro | game | 12:02 | comments(2) | trackbacks(42) | - | - |

【game】皆さんあまりアンリミテッドサガをいじめないで

quiter記事よりhttp://www.quiter.jp/news/saga/040915002261.html 
ロマサガ1のリメイク「ロマンシングサガ ミンストレルソング」
今週発売のゲーム雑誌にて、河津氏の新作タイトル『ロマンシングサガ ミンストレルソング』(PS2)が発表されている模様です。

■ロマンシングサガ ミンストレルソング
スクウェアエニックス、2005年春発売
・ 新キャラ ダークと吟遊詩人のイラスト
  小林智美氏のイラスト
・ 完全新作と言っていいほど変わる
・ ひらめき、連携などシリーズの特徴的なものは全部いれる
・ 世界観、登場人物はオリジナルを踏襲している
・ ゲームらしいゲームを目指す
・ キャラは3,4等身でパーティは5人
・ マップ、バトルともに3D化
・ ディレクターの河津氏
 「「サガ」の集大成という意味で、のちに生まれた、シリーズの特徴的なシステムは
  全部入れている」

以前河津氏がTGSに出す旨を話していました
詳細が分かり次第この記事を更新します



古くはゲームボーイからプレイしている『SAGA』シリーズ。

PS2で発売された『アンリミテッドサガ』は
相当に時代を先取りしたシステムが故、
ありとあらゆる人から叩かれに叩かれましたね。

おそらくそうした声を受けて作られたのが今回の『SAGA』でしょうか。

僕は『アンリミテッド』もそこそこに楽しめたほうなのですけど…

こう、なんといいますか
叩かれれば叩かれるほど同情してしまうというか…


【恐らく泣き落としに弱いと思われるkuro】


kuro | game | 16:44 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |

【game】ニンテンドーDS開発中タイトル! でもねぇ…

プレステ2とゲームキューブの争いもSONYに軍配が上がった感じです。

そこで今、チマタをにぎわせるのが

新型携帯ゲームハード。

SONYの「PSP」
任天堂の「ニンテンドーDS」

がそれぞれから同時期に発表になりました。
まるで申し合わせたかのようですね。


そのうち
ニンテンドーDSの名称も正式に決まって開発中のタイトルが発表になりました。


PS2で出ていたとか、そういった垣根をある程度無視して
アクションからRPGまで、手広くジャンルとメーカーをカバーしてます。


しかし…
まったく惹かれない…

DSの売りは「異質なゲーム体験」なんだそうです。

強力な通信機能とゲーム機初の二画面構成で、
「新しい遊び方」を提案する、ということのようです。


最近わかりましたがkuroはどうも任天堂が嫌いのようです。

もちろん私も任天堂からゲームに入りましたが、64が出たころから
SONY派に移りました。

任天堂は、よく「異質」とか「革新的」とか「本当におもしろいもの」とか
「遊びの本質」といった言葉をよく使いますが、
彼らの失敗と重ねてみると、どうも空虚に聞こえて仕方がないのです。

SONYは「ゲームのある生活」というスタイルを提言することで
成功を収めたと個人的に思っています。

一人暮らしの部屋の片隅にあってもおかしくないゲーム機。
デジタル家電としてのゲーム機。

そうしたビジョンが明確だからこそSONYは売れました。


一方任天堂のキーワードは「子供」「家族」「単純」「明快」「ワイワイ」
ではなかろうか、と思います。

確かにそういう層も重要だとは思いますが、
彼らのアイデアは、スタイリッシュで多角的に楽しみたいPSユーザーを
なにやら、小ばかにしているような感覚を覚えます。

「君たちは見た目ばっかり綺麗でスカスカなゲームばっかり作るけど
ぼくらは本当に面白い遊びをつくってるからさぁ〜」

というサゲスミが見え隠れするのは私の被害妄想?


【スーファミ大好きっ子だったkuro】
kuro | game | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【game】ぼくのなつやすみ2

カテゴリの中でgameを埋めていなかったので。


最初のgameは「ぼくのなつやすみ2〜海の冒険編〜」です

ずっと惹かれていたタイトルでしたがThe bestで定価1800円で売っていたので
気まぐれに購入してみました。

早速我が家で起動してみると
やさしい顔立ちの登場人物が現れました。

キャラクターデザインは上田三根子さん。
キレイキレイのCMの方といったらわかりやすいでしょうか。

なんと主題歌は井上陽水「少年時代」。
ベタなセレクトですが、「会いたい」などの名曲である沢田知可子さんが歌っており
新鮮でありつつ、穏やかな画面の雰囲気とマッチしてかなりの好印象でした。

ゲームの内容は「なつやすみ」をすることです。

本当にこのゲームには「束縛」がなく、
昆虫採集にすべてを注いでもいいし、海底の探検に命を賭けてもいい。
近所のお姉さんの家に遊びに行きまくってもいいし、虫相撲に燃えても構わない。
巨大魚を探しに渓流で太公望になるもよし、一日中うろうろしてもいい。

かつて私たちがそうすごしたように、なつやすみを送ればいいんです。

6時になったら晩御飯なので、おじさんが迎えにきます。
11時までに眠らないと朝のラジオ体操にいけません。

しなくてはいけないことがないからゲームオーバーなんてないのです。
むしろしなくてはいけないことは自分自身で決めます。

だから、兄妹でやっていても、妹と私の絵日記の内容はほとんど違います。

毎朝起きるたびに、今日は何をしようか迷う楽しさ。
朝顔に水をあげ忘れたときの落胆。
ふとしたときに垣間見える大人たちだけの悲哀。

そうした忘れてしまったことがこの作品には詰まってます。

今、子供の人も、かつて子供だった人も、必ず楽しめると思いますよ。


【幼少期はセミを埋めたりかなり残酷だったkuro】
kuro | game | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
モルグ街の殺人事件
モルグ街の殺人事件 (JUGEMレビュー »)
エドガー・アラン・ポー, 金原 瑞人, Edgar Allan Poe
なにせ元祖。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS