<< 【yorozu】我ら土の子 | top | 【sports】それゆけ! ナベツネさん! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

【game】ニンテンドーDS開発中タイトル! でもねぇ…

プレステ2とゲームキューブの争いもSONYに軍配が上がった感じです。

そこで今、チマタをにぎわせるのが

新型携帯ゲームハード。

SONYの「PSP」
任天堂の「ニンテンドーDS」

がそれぞれから同時期に発表になりました。
まるで申し合わせたかのようですね。


そのうち
ニンテンドーDSの名称も正式に決まって開発中のタイトルが発表になりました。


PS2で出ていたとか、そういった垣根をある程度無視して
アクションからRPGまで、手広くジャンルとメーカーをカバーしてます。


しかし…
まったく惹かれない…

DSの売りは「異質なゲーム体験」なんだそうです。

強力な通信機能とゲーム機初の二画面構成で、
「新しい遊び方」を提案する、ということのようです。


最近わかりましたがkuroはどうも任天堂が嫌いのようです。

もちろん私も任天堂からゲームに入りましたが、64が出たころから
SONY派に移りました。

任天堂は、よく「異質」とか「革新的」とか「本当におもしろいもの」とか
「遊びの本質」といった言葉をよく使いますが、
彼らの失敗と重ねてみると、どうも空虚に聞こえて仕方がないのです。

SONYは「ゲームのある生活」というスタイルを提言することで
成功を収めたと個人的に思っています。

一人暮らしの部屋の片隅にあってもおかしくないゲーム機。
デジタル家電としてのゲーム機。

そうしたビジョンが明確だからこそSONYは売れました。


一方任天堂のキーワードは「子供」「家族」「単純」「明快」「ワイワイ」
ではなかろうか、と思います。

確かにそういう層も重要だとは思いますが、
彼らのアイデアは、スタイリッシュで多角的に楽しみたいPSユーザーを
なにやら、小ばかにしているような感覚を覚えます。

「君たちは見た目ばっかり綺麗でスカスカなゲームばっかり作るけど
ぼくらは本当に面白い遊びをつくってるからさぁ〜」

というサゲスミが見え隠れするのは私の被害妄想?


【スーファミ大好きっ子だったkuro】
kuro | game | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 12:54 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
モルグ街の殺人事件
モルグ街の殺人事件 (JUGEMレビュー »)
エドガー・アラン・ポー, 金原 瑞人, Edgar Allan Poe
なにせ元祖。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS