<< 【おかえりなさい】ただいま【おかえりなさい】 | top | 2012年01月20日のつぶやき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

ラグナロクオデッセイ体験版配布開始

ゲームのお話。少し難しい。


カプコンが「モンスターハンター」という金字塔を打ち立てて以降、各社はこぞって「狩りゲー」とカテゴライズされるものを制作してきた。
求められる要件は何個かあって、「複数プレイヤーによる協力」「低確率ドロップ」「武器による差別化」「情報交換によるコミュニケーション」といったところ。
 
自分の好きな言葉に、「一番面白いコンテンツは≪人≫」というのがあって、ゲームそのものというよりもそれを通してコミュニケーションできることへの喜びというものが、このジャンルの独自性であり、また魅力でもある。 「ポータブルシリーズ」で大きく隆盛を誇ったPSPについても、その後継機種であるPSVITAへの「狩りゲー」の投入は今や最大関心事。

「3G」と最新ナンバリング「4」が3DSに投入されることが決定した現在、「ポストモンハン」と呼べる作品の登場がVITAには求められている。 その中で2月に発売が予定されているラグナロクオデッセイは、体験版をプレイしてその役割を果たせると感じた。

まず発売の経緯として、有名オンラインゲームであるラグナロクオンラインのガンホーが、グランディアシリーズを手掛けていたゲームアーツ制作で世に出す野心作。あまりラグナロクオンラインとは関連が薄いようで、未経験の人も安心らしいのだ。

ゲーム内容としてはオーソドックス。開始時にジョブ(使用武器)を選択、拠点となる町で装備を整え、課題を与えられたクエストに出発する。体力とスタミナに注意しながらハンティングを行い素材と収入を得る。 以下、体験版をプレイしてオリジナリティがあるなと思った要素について書く。


.献礇鵐 ×ボタンでジャンプが可能だがこれがなかなか爽快だった。
ジャンプをしても特にペナルティはなく、体験版では鳥類以外は陸上モンスターばかりなので、回避行動としても有効に感じた。 Rボタンのダッシュと別に、□ボタンでショートダッシュが可能なのだがこれが空中でも可能。
なので、ジャンプして敵の頭を切りつけ空中コンボを行った後、モンスターに反撃の兆候が見えると、ダッシュで間合いを離し、一撃離脱といったようなこともできる。体験版でもそうだったが、近作は巨大、または空中にいるモンスターが豊富なようなので子の仕様は、醍醐味であるのと同時に様々な戦法に活用できそう。

▲エスト内容モンスターハンターでは一部のクエストを除いて、クエスト開始してからフィールド内をボスモンスターを捜索して、会敵後に撃破するが今作ではいきなりボスモンスターの手前から開始される場合もあるようだ。
フィールドもわかりやすい作りで、マップも通常で表示されるのでテンポよく遊べそう。素材マラソンが必要な場合も効率的にチャレンジできるのではないか。
 

アクションいわゆる「狩りゲー」では強いモンスターを協力して倒すという至上命題の為に、シビアなタイミングと操作が求められる場合が多い。
だがラグナロクオデッセイでは、いわゆる無双的な操作で弱攻撃と強攻撃の組み合わせとジャンプ中の動作でコンボが変化する仕様なので、意図的にわかりやすい仕組みにしているように感じる。

レベルによって上がるパラメータや、敵の部位別にロックオンするシステムもあり、クレリックという回復役が設定されていたり、モンハン以降加速度的に難易度の上がったこのジャンルを、一度遊びやすいところまでレベルデザインしなおそうとしているのかなとも思った。
 



グラフィックやUI周り、ロード時間などを含めても好印象。ただ、アイコンチャットなどプレイヤー同士のコミュニケーションは充実しているのに、終始無表情のアッサリとした登場人物同士のコミュニケーションと演出にはちょっと違和感を感じた。

空中で武器を振れば物理法則を無視して静止できたり、かわいらしい雑魚モンスターやのんびりとしたフィールドの情景は、SFCの聖剣伝説シリーズのような雰囲気も。
 オンラインが充実しているVITA関連のゲームでは、こういった対面式の協力プレイゲームはまだ珍しいので、VITAを手にしていて「狩りゲー」に飢えている人は、体験版からチャレンジしてみてはどうだろうか。 私は3つ目のクエストがいつまでもクリアできないので、今晩また挑戦するつもり。
 




【ゲームってほんとにいいものですね。 のkuro】
kuro | game | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 15:38 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
モルグ街の殺人事件
モルグ街の殺人事件 (JUGEMレビュー »)
エドガー・アラン・ポー, 金原 瑞人, Edgar Allan Poe
なにせ元祖。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS